The Asian Gold Digger | The main 3 stereo types
25
single,single-post,postid-25,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive
 

The main 3 stereo types

The main 3 stereo types

Who ever loved that loved not at first sight?
-William Shakespeare

世界にはお金持ちが沢山。SD様の種類も沢山。
では実際私が見た・聞いたSD様のお話をチラリ。

ケース1:ニューマネーSD様✖No彼氏No Life的AGD嬢

中国人SD様
はい、でました。リッチなチャイニーズ。上下左右、街を歩けば中国人SD様は沢山いらっしゃいます。

私のお知り合いA子さんは二十歳の頃運命の出会いを果たしました。妻子持ちのSD様とお付き合いをし始めたわけでございますが、そりゃ若くて甘え上手はGD嬢にメロメロ。その上彼のビジネスはどんどん上手く行き、彼はシンガポール、彼女は中国本土という遠距離生活が。ぽっちゃり体型だっったGD嬢は毎月送られて来るお小遣いにより、脂肪吸引、美容整形を繰り返し、身の回りはブランド品三昧、マンションや高級車も乗り回し、上海の有名クラブでは顔パスが当たり前に。
そんな彼女も贅沢三昧の生活を続けてもう30半ば。。。。もちろんSD様は結婚してくれるはずもなく、彼女は年をとり、焦った彼女は他にも体だけのお付き合いの彼がいっぱい。そう、このタイプの女子は若い頃から常に恋愛体質、いわゆる男がいないと生きてけない子がほとんど。きっと自分が常に中心にいないと我慢できないのでしょう。
彼女の今後に乞うご期待。

ケース2:結婚なんて形式だけ夫✖知らないフリをする健気な日本人妻
さて、こちらは日本人のケースです。かつてはお金持ちの代名詞として名を馳せた日本人SD様の例でございます。(最近ではとてもじみーな存在になっていますが!?)
さてこちらのケースも本家妻と愛人様が登場します。結婚して約20年、子供も3人いる一見幸せな家庭ですが、この彼も海外にオフィスを設立しその際に出会った若きAGD嬢と恋に落ちるわけです。

彼は言いました、「僕には妻子がいるから結婚は出来ない。君も他の男と結婚して家庭を築いた方がいいんじゃないか。」

彼女は言いました。「いいの、私は愛人で。でも別れるなんてだけは言わないで。」
そして愛人様は東京都内の高級アパートに。本家の妻は横浜の一軒家に子供たちと。彼は上手く言い訳をしながらそのお家を行き来する生活をもう20年も続けていらっしゃいます。

私は彼に聞きました。「え、もちろんこのこと奥様はしっているんですよね。」「いや、知らないはず。」

はい、こちらにもいました。典型的なおバカ男が。男っていうのは本当にバカなもんで人の心理を読むのが本当に下手。言っておきますけど、あなたの奥様は多分あなたと愛人の関係が始まる前からきっと知っています。
“今日帰りが遅くなる”は“愛人のところにいってくる”に自動翻訳されてます。
さておき、行き先がない子持ち妻✖貰い手がいないアラフォー女子、この両者をぶつけないように養っているSD様のご心労に私、尊敬しちゃう。

ケース3:間違えたら直していけばいい、よくあるお金持ち白人カップルケース。間違いから人は学ぶ。。。のか?

これよくあるのが。若い頃は長身、ブロンド、綺麗だったあの奥様が結婚・子供を産みいつしか体型はジャバザハットに。(きっとセックスアンドザシティをみながらポテチとマカロニチーズでもつまんでるんだろう)そして白人女性は基本プリンセス、自己主張強い方が多く、旦那の行くところには全て顔を出し周りの若い女子を寄せ付けません。そんな彼女たちにかまってきたSD様達はもうヘトヘト….

がしかーし!!!そこにはエンジェルがいました。健気で可愛く、家事子育てを全てやってくれる天使が…そうです、家政婦の天使です。英語もつたなく(そこが可愛いんだけど)、真剣にお家を綺麗にしてくれる彼女たちにSDはメロメロ。そして数ヶ月後にはその救世主とゴールイン。結婚した二人はその後子供をもうけ、エンジェルのように美しかった彼女もコーンチップスを毎日食べていたらいつのまにかミシュランマンに。そしてボスぃーな性格が出てくるのです。ってあれ?これまた降り出しに戻ってない?
そしてこのサイクルを繰り返し気づいた時にはバツが3つも4つもついてたり。多くのクリスチャン家庭では幼少期よりなんでも子供にはトライさせ、間違えたら直していけばいいというように教育しているご家庭がほとんどです。確かに不幸せな結婚をするよりかは別れてさっさと次の恋に進むべきかもしれませんが、そもそもちゃんと結婚相手にふさわしいかどうか見極めたんでしょうか….慰謝料や養育費地獄と永遠にお付き合いすることには抵抗はないのだろうか….もっと稼げば解決する話ですね、失礼しました。

まとめ

私の聞いたお話上、アジア人はまだ離婚というものに踏み切りたくない、マイナスなイメージがある模様。結婚生活が苦しくても浮気をしてでも籍だけは守ろうとしている方が多い気がします。そして肝心の奥様も浮気を見て見ぬ振り。これはやはり、早くして家庭に入ったのが原因でしょうか。ブチ切れて離婚だーと叫んでも拾ってくれる殿なんておらず。。。これなら黙ってた方がマシってことなんでしょうね。
そしてクリスチャンベースの西洋人SD様はまー単純な方が多いこと。完全に短期的な感情で動いておりますね。

以上よくある3パターンでしたが、今後Sugar Daddy様を捕まえる際に是非参考にしてみてくださいませ♪

Ciao xxx

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA